日刊紙の宣伝チラシ、タブロイド紙、繁華街にある宣伝やダイレクトメールなどで「借金の合理化します」「負債を一本化したいと思ったら」などといった売り言葉を読むことがありませんか。こういうのは、「片付け屋」「買取人」「紹介屋」という名の業者の嘘広告のときもあるということなのです。このようなものを使用した際には自己破産申し立て手続きの中で一番大切な免責認定を受け取れないリスクもありえます。「整頓人」とは宣伝などで借金のある人を呼び出し、高額の手数料を受け取って債務整頓をしますけれど結局は負債整頓は行われず、借金者は一層の負債地獄に陥ってしまう場合が大方と思われます。「買取人」とは、負債者の借金で、電気製品、何らかの利用チケットを山ほど買い入れさせて、依頼者から買った物品を買った値段の30%〜額面半値で購入するという方法が知られています。負債者は金銭が懐に入りますが、必ずカード会社経由で商品価格の定価の返済請求が届き、結局のところ負債額を上乗せすることになります。このケースではカード会社への詐欺ということで免責許可をもらえません。「つなぎ屋」の場合、人気の貸金業者から貸してもらえなくなった債務人に対し自分では融資はしないでおいて、貸出を受けられる関係無い同業者を知らせ、すさまじい費用をもらう企業です。紹介人は自分の紹介で貸出してもらったように話しますが現実には何もしておらず、種は簡単で規程の緩やかな店を説明しているだけなのです。この場合でも結局は借金額を増大させる結果となります。